このエントリーをはてなブックマークに追加

価格で失敗しない!ポータブルファン(換気・送風)の選び方

溶接の作業場、地下、マンホール、密室に近い空間で新鮮な空気を保つための換気、排気にポータブルファンは必需品ですよね。

これから購入を考えられている業者様や、今までは窓を開けて対応していたけど作業員の環境を考えるとやはり一台はほしいという業者様に、ポータブルファンの機能重視の選び方、価格も考慮しての選び方をご紹介します。

ポータブルファンとは

作業場に家庭用のような換気扇と窓があれば、換気や排気は問題ない!と思っておられる業者様もいるのではないでしょうか?家庭での料理や入浴くらいであれば、換気扇と窓で充分間に合いますが、溶接の作業場、熱気、油気、油煙の多い空間ではとても間に合いません。作業環境が悪く、体にも有害です。

ポータブルファンは、新鮮な外気を送り込んだり、有害なガスや熱気を外部に排出したりと2役こなしてくる機械です。

ダクトと組み合わせて使用すると効果大!

ダクトとは

付属品、別売品として販売されているダクトとは、ナイロンの大きな筒状のホースのようなものです。このダクトには、スパイラルが入っており柔軟に曲げることができ、ポータブルファンに接続して使用します。ダクトを接続することにより、外気からの距離が遠くても使用でき、筒で空気を囲うことより強力に換気、排気ができます。

ダクトの長さは様々で、3m、5m、10m、15mのものがあるようです。長さが足りないようであれば、買い足して接続できるものもありますので、小規模な倉庫であれば、まずは、3m、5mのダクトを使用してみて長さが足りないようであれば、買い足すとよいでしょう。

ポータブルファンの用途

一般的な用途としては、溶接の作業場、地下、マンホール、船内の地下、密室に近い空間など作業場での使用が思い浮かびますが、エアコンのない夏場の体育館での窓を開けることができない競技や多目的ホール、多人数が集まる倉庫でのイベント、DIYで室内にペンキやニスを塗ったり、清掃したりする場合にも活躍してくれます。

価格もリーズナブルのお店やネットショップがありますので、学校関係の方やDIYが趣味の方も、アイデア次第で活用の場が充分増えますよね、一台あると重宝するでしょう。

失敗しないポータブルファンを選ぶポイント

ポータブルファンにこんな機能があるとベスト!

ダクトの買い足しができる

先ほどご紹介したようにダクトは、買い足しができるものだと後々使い勝手がよく安心です。

持ち運びのしやすさ

ポータブルと名前がついているものの、重量は10kg以上。持ち運びが大変なので、移動が必要な場所で使用する場合は持ち運びがしやすい取っ手付きのものを選びましょう。

パワー

空間の広さと風圧のパワーが適切でない場合があります。空間の広さを考慮して、パワーのあるものを選びましょう。

気になる価格

社内に何台も購入しなければならないのであれば、価格の面で導入を躊躇されるかもしれませんが、ポータブルファンがあるのとないのでは、健康面にも大きく影響してきますので、必要経費の範囲に入るでしょう。

できれば、安く購入したいと考えられると思います。ダクトは、別売の場合が多いですが、ポータブルファン本体を購入時にセットになっているものもあるので、セット商品をまとめて購入するとお得でしょう。

信頼のできるお店やネットショップで購入!

毎日フル回転で使用することが予想されるポータブルファン。価格が安いだけですぐに故障したりしては意味がありません。「安かろう、悪かろう」では困りますよね。ポータブルファンは、お店でもネットショップでもたくさん出回っていますが、信頼できる定評のあるお店で購入しましょう。

まとめ

いかがでしたか?これから購入を考えられている業者様やDIY作業に精を出されている方は、参考にしてくださいね。

ヨロストでは、ご紹介した機能面、価格面ともに満足いただけるポータブルファンをご用意しております。お得でおすすめのダクトとのセットもございます。「風量、価格で想像以上に満足!」というお声もいただいておりますので、ご購入をご検討の方はぜひヨロストにお立ち寄りください。

ヨロストが厳選してオススメするポータブルファンはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年2月1日  by Goodjobプレス

関連する記事