このエントリーをはてなブックマークに追加

電工工具の選び方

電気工事士に欠かせない、電工工具。皆さんは電工工具を選ぶときにどういった基準で選びますか?数がたくさんあって、どの電工工具を買えば良いのか分からないとお悩みの方もいることでしょう。

そこで!

今回は失敗しない電工工具の選び方を、ヨロストが教えちゃいますよ!とはいっても、電工工具と一口にいっても、たくさんあるもの。そんな、数ある電工工具の中でも使用頻度の高い、電工ペンチとドライバーの2つを取り上げて、その選び方をご紹介します!!

電工ペンチの選び方

選び方その1 切れ味の良さ

どんな電工工具でも、その機能が優れているかどうかを考えて選んだ方が良いでしょう。

電工ペンチの役割として、なにかを切る作業は欠かせません。例えば、そんなに性能の良くないペンチの場合、切るのに必要以上に力を入れないといけないから、時間がかかってしまいます。これを避けるためにも、良く切れる「切れ味の良い」ものを選びましょう!

取り回しがしやすく、いろんな作業ができるものを!

とはいえ切るだけが電工ペンチの役割ではありません。捻じ曲げたり、先端を使って細かい作業をすることも、作業の中では多々発生します。

また、その電工工具で作業をするシチュエーションも良く考えなければいけません。なにかの下に潜り込み作業をしたり、高所での作業であったり、いろんなシチュエーションが考えられます。

この2つを考えた場合、取回ししやすく、細かい作業ができるものを選べば良いでしょう。商品の説明や写真でその電工ペンチを自分が使うイメージをしてみて、一番扱いやすそうなものを探してみましょう!

開け閉めができるだけラクなものを選びましょう!

電工ペンチを使った作業では、ペンチの開け閉めが頻繁に行われます。これ、意外と疲れるんですよね・・・

だからこそ、スプリングが搭載されていたり、少しでも開閉の動作がラクになる電工ペンチがオススメです。こういった小さな部分が作業の効率化に大きく影響するのです。商品を買った人のレビューを参考にして、その電工工具が実際に使った人がどんな印象を持っているのかを良く見比べてみてください。

ドライバーの選び方

先端の種類が目的に合うかどうか

電工工具の中でも、ドライバーは様々なシチューエションにおいて利用されます。だからこそ、目的にピッタリ合ったタイプのものを使っているか、もしくは、あらゆる目的に合わせて豊富な種類のドライバーセットを買うのか。良く考えて検討してみるのも良いかもしれません。

握りやすさ

地味な所ですが、ドライバーを持った時のグリップ感は案外重要なものです。頻繁に使う電工工具なので、扱いやすく締めやすいタイプのドライバーを探しましょう。また、重量にも気を付けてみてください。長時間使ってストレスのないものを選ぶと、作業効率はグンと上がりますよ!

耐久性

電工工具を選ぶうえで、耐久性は選ぶポイントにかかせません。毎日のタフな作業の中でも消耗しない、強いドライバーを探してみましょう。すぐに使い物にならなくなるようなものを避けるためにも、製品の特長をよく読んで、用途に合ったものがきちんと確かめておくことが大切です

まとめ

いかがでしたか?電工工具の選び方を、紹介した2つをもとにまとめてみると、

    • 機能と目的に合っているか
    • 扱いやすく丈夫かどうか
    • ストレスなく扱えるものかどうか

という3つのポイントが重要なのではないでしょうか?そして何より、その電工工具を使うことで作業効率が上がるのかどうかが、最も重要なポイントです!

ぜひ、あなたにあったお気に入りの電工工具を見つけてみてください。電工工具を多数ご用意しているヨロストがお送りしました!

ヨロストがオススメする厳選の電工工具はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年10月1日  by Goodjobプレス

関連する記事