このエントリーをはてなブックマークに追加

タイヤ交換用ジャッキの種類と特徴

年の瀬を控えて運送業務もいよいよ忙しくなってきたことと思います。どうぞ皆さん、こんな時こそ車の整備点検はきっちりしときましょう。そこで今日はタイヤ交換に使うジャッキについてお話しします。

ジャッキの用途っていうたらタイヤを交換するときに車体を持ち上げるだけのことなんですが、実はいくつか種類があるんですねー。

パンタグラフジャッキ

まずはおなじみのパンタグラフジャッキ、菱形のやつです。たいていの車に常備されてますね。なので「車載ジャッキ」て呼ばれたりもします。2~3キロ程度の軽いものですが、これ1個で500キロから1トンくらいの荷重まで大丈夫です。車体の下に置いたら付属の金属棒を差し込んでグルグル回すだけ。

すると菱型が上に伸びて車体が持ち上がります。(車体のどこに置くのかは車ごとにジャッキポイントが決められてます)使用の際は、車の下に入れる前にある程度の高さまで伸ばしておいた方が楽です。

とまあ簡単に使えるもんなんですが、どんな車にも常備されてるということは、逆に言うと「必要最低限」ということなんですね。走行中にタイヤがパンクした時とか、あくまでも緊急時の間に合わせです。一度に交換できるタイヤも1つだけです。

作りも簡単で安定性もよくないですから、くれぐれもこのジャッキで車体の下に潜り込むことはやめといてください。ヨロストでも「補助ジャッキ」として説明しています。

フロアジャッキ(ガレージジャッキ)

フロアジャッキはどこの自動車整備工場さんに行っても必ずあるやつですね。軽くても10kg、重いやつだと50kgを超えますので車に積んでる人はおらんでしょう。ふつうはガレージに置いときます。なので「ガレージジャッキ」という名前もあります。油圧式のものが多いです。

これ、本体にはキャスターが付いているんですね。何ででしょうか。ガレージの隅っこまで蹴って転がして行くため?ちゃいます。

たとえば車体の前にフロアジャッキをかけて傾けていくと、それに連れてジャッキが奥の方に引っ張られていきます。それについていくための工夫です。

カードーリー

カードーリーは文字で見たらピンと来んかもしれませんが、「カー・ドーリー」です。これはあまりお世話になりたくないかも知れません。

動かなくなった車両を移動するためのものです。他のジャッキと違って、車両本体ではなくタイヤにかませます。正確に言うと純然たるジャッキじゃないんですが、ジャッキの機能も持っています。こう書きましたが、実際は展示場に自動車を移動させるときなんかにもよく使われています。

アルミジャッキ

ジャッキの種類というよりはフロアジャッキのバリエーションです。ヨロストのアルミジャッキは軽量アルミ製で、低くすると89mmという薄さです。保護用のラバーも付いていて、ボディに傷がつかないような工夫もされてます。

まとめ

ということからお分かりのとおり、きちんとした整備は据え置きのジャッキが必要なんですね。ヨロストでも多数取り揃えています。

ヨロストオススメのジャッキはこちらから

ですが・・・実はジャッキだけでもダメなんですね。ジャッキで上げたらジャッキスタンドをかませることが必要です。これについては別にお話しましょう。

あとがき・・・

ところで、お仕事でしょっちゅう運転する人は別として、ふだんの生活で車に乗られる人だと、ご自分の車のどこにパンタグラフが収納されてるのかご存じない方も意外と多いようです。使わずにすむならそれに越したことはないんですが、車内掃除のついでにでも確認しといてください。もし使うような状況になった時は、三角の反射板も必要になります。

あ、そうそう。ときどき「パンダグラフ」って言う人がいてはります。上野動物園とちゃいますんでご注意ください。
ついでに言うと「ジャンバー」とちゃいまっせ。「ジャンパー」です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年12月1日  by Goodjobプレス

関連する記事