このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレッチフィルムのメーカーさんご紹介

梱包の現場でおなじみのストレッチフィルムですが、用途も広ければ、製造メーカーさんもたくさんいらっしゃいます。ヨロストで取り扱ってるのはごく一部なんですけど、どんなメーカさんがあるのか見ていきましょう。

積水樹脂

(設立:1954年 本社:東京)
その名のとおり樹脂=プラスチックメーカーさんですね。「プラスチックと金属・繊維その他の物質とを結びつけて、新しい価値を創造する」というのが経営理念だそうでして、製品も高速道路の壁や防護柵、人工芝やフェンスまで多岐にわたります。

ストレッチフィルムは「総合物流関連資材事業」の一環で、梱包用バンドや結束機材とともに展開されてます。

もともと薄いストレッチフィルムですが、最近出た商品はなんと10ミクロンという薄さで12ミクロンと同等の強度を持つという驚きの品質です。環境配慮型の「レスコア」ブランドでは、巻き軸に紙管の代わりにライナー紙(段ボールの表面部分の紙)を使うというこだわりようです。

>>「積水樹脂 ストレッチフィルム(FDG) 10ミクロン」はこちら

トラスコ中山

(設立:1964年 本社:東京都)
ありとあらゆる機械工具でおなじみですが、環境安全用品事業のひとつとしてストレッチフィルムもあります。

小物の梱包に便利な50mm幅のものから標準的な500mm幅まであり。環境に配慮して、紙管のないタイプのものもあります。ストレッチフィル用ホルダーやカッターなどの関連アイテムも豊富です。

>>トラスコ中山のストレッチフィルム・関連商品はこちら

王子製袋株式会社

(設立:1920年 本社:東京都)
大正9年の創業ということで歴史のあるメーカーさんですね。その名のとおり、王子製紙と同じく応じグループの一員です。

セメントを入れる袋(重包装袋)を日本で最初に開発されたのがこちらだそうです。ストレッチフィルムは包装システムなどと合わせてトータルな展開をされてます。

大化工業株式会社

(設立:1965年 本社:大阪府)
総合フィルムメーカーとして、ストレッチフィルム事業をひとつの柱にして展開されてます。国内トップクラスの生産能力のもとで、手巻き用から機械用まで広範囲にわたります。

ストレッチフィルムにはめずらしい、赤とか青とかのカラーのついたものも作っておられます。

朝日樹脂工業株式会社

(設立:1968年 本社:千葉県)
ポリエチレンフィルムのメーカーさんです。ストレッチフィルムは低密度エチレンフィルムのラインアップのひとつです。

ほかには高密度ポリ製品として自治体用ゴミ袋とかレジ袋、ポリプロピレン製品などもあります。

三陽化成株式会社

(設立:1950年 本社:三重県)
ポリエチレンフィルムのメーカーさんで、ストレッチフィルムもパレット梱包用のほかに食品包装用、ゴム包装用などがあります。厚生労働省の定める食品添加物等の規格基準に合格した安全なフィルムを生産されてます。

ストレッチフィルムは「ガードナー」ブランドですが、そのほかのフィルムのラインも細かく多岐にわたっています。

株式会社関東オークラ

(設立:1997年 本社:静岡県)
平成9年生まれの若いメーカーさんです。物流、食品、医療等、幅広い分野でポリエチレンフィルムを製造されてます。

オルディ株式会社

(設立:1968年 本社:大阪市)
各種プラスチックフィルムの製造加工販売として、ストレッチフィルムの梱包用資材のほか、ケミカルや衛生関連品、家庭用ゴミ袋まで手がけておられます。環境事業にも精力的で、リサイクルポリ袋などオリジナリティのある開発力をお持ちです。

司化成株式会社

(設立:1968年 本社:東京都)
各種プラスチックの生産販売のほか、包装省力化システムの設計・製作もやっておられます。ストレッチフィルムはブランドが細分化され、中には6ミクロンという薄さのものもあります。ホルダーなどの関連器具も充実しています。

これから

ここにご紹介したのはごくごく一部です。ストレッチフィルムの用途は年々広まってることから、参入されるメーカーさんも増えてくるもんやと思います。

ヨロストでもお客様の細かいご要望にもお応えできるように、取り扱いを増やしていきたいと考えております。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月6日  by Goodjobプレス

関連する記事