このエントリーをはてなブックマークに追加

パーツクリーナーの使い方

パーツクリーナー

自動車やバイク、自転車の整備・メンテナンスの強い味方、パーツクリーナー。激安商品をホームセンターやカー用品店などで購入して、使っている人も多いと思います。あなたは、強い洗浄力を持つパーツクリーナーの正しい使用方法を知っていますか?

今回は、パーツクリーナーの詳しい使い方をまとめてみました。

パーツクリーナー 基本の使い方

  1. ブレーキやその周辺の金属パーツの汚れている部分にパーツクリーナーを噴きかけます。
  2. 強力な洗浄力を持ったクリーナーの力で汚れが流れ落ちてきます。
  3. パーツに残った水分を拭き上げて完了です。
    ※パーツクリーナーの中でも速乾性のものは揮発性が高く、すぐに乾くので拭く必要がないものもあります。

ブレーキ&パーツクリーナー

大人気ブレーキ&パーツクリーナー!洗浄力とそのコストパフォーマンスが人気の秘密です。

パーツクリーナー実践編~自動車の場合

基本の使い方を見ると、「とっても簡単で間違いようがないじゃないか!」とお思いになるかもしれませんが、実際に試してみると意外にわからないことも出てくるものです。そこで、システム周辺を洗浄する時の具体的な工程をご紹介します。

  1. ジャッキアップしてタイヤホイールを取り外します。
  2. タイヤの下にペーパータオルやビニール袋を敷いておきます。
    (流れ落ちる汚れをキャッチするので、下を汚すことがなく、ブレーキパーツ洗浄後の後片付けがラクになります)
  3. 円盤状のディスクブレーキローターまたはドラムブレーキローターにブレーキパーツクリーナーを噴きかけます。
    全体的にも細かいところにも、しっかり汚れを洗い流すようにたっぷりスプレーすることが上手く洗浄できるポイントです。
  4. ディスクブレーキローターの場合、サイドの一部分にブレーキキャリバーが付属しているので、ブレーキキャリバーにもパーツクリーナーを噴きかけます。
  5. 洗浄した部分に水分が残っていたらしっかりと拭き上げます。
    (拭き上げの時に簡単な点検を行うといいですよ。)
  6. タイヤホイールを元に戻して、洗浄完了です。

パーツクリーナー応用編~自転車の場合

パーツクリーナーは元々、ブレーキシステム周辺を洗浄するためのものですが、脱脂性と強力な洗浄力を合わせ持つことから、車以外の乗り物、金属パーツにも使用できます。例えば、よく使用されるのは自転車のチェーンです。

自転車のチェーンって気づくと真っ黒になっていてビックリすることありませんか?オイルが塗ってあるのでベトベトしていて、汚れが付きやすく落ちにくいんです。ちょっとやそっとじゃ落ちない頑固な汚れもパーツクリーナーを使えば、手を汚すことなくキレイに洗浄することができます。
※チェーン洗浄後はオイルを注しなおすことを忘れずに!チェーンにオイルが行きわたっていないと錆の原因になってしまいます。

パーツクリーナー使用時の注意点

パーツクリーナーは基本的に金属のパーツに使用するものです。ゴムやプラスチック部分に使用すると、傷めてしまったり、劣化が進んでしまうこともあるので注意しましょう。

ゴム部分を洗浄する時には、ゴムへの攻撃性の少ないクリーナーがあるので、そちらをオススメします。また、安全に作業するために火の近くで使わないこと、換気をしながら使用することを心がけてください。

終わりに

自動車整備・メンテナンスに必要不可欠なパーツクリーナーの詳しい使い方をご紹介しました。いかがでしたか?

工程をしっかりと頭に入れておけば、無駄なくスピーディーに作業することができますよ。そして何より、汚れがおもしろいほど流れ落ちてくるのでスッキリします。(激安商品の中には汚れ落ちが良くないものもありますが…)パーツクリーナーの正しい使い方、ぜひ試してみてください!!

ブレーキ&パーツクリーナー

大人気ブレーキ&パーツクリーナー!洗浄力とそのコストパフォーマンスが人気の秘密です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年5月18日  by Goodjobプレス

関連する記事