このエントリーをはてなブックマークに追加

価格で失敗しないバッテリーテスターの選び方

エンジンをかけるときの動力、車の電装品に電気を供給するバッテリー。自動車整備工場、ガソリンスタンド、車が趣味の方は、バッテリーの状態を頻繁にテストされることが多いでしょう。

バッテリーテスターや充電器は、種類も価格も幅広いのでどれを選んだらよいか、お悩みでしょう。今から購入や買い替えを考えられている業者様や車が趣味の方へ、価格も考慮してのバッテリーテスターの選び方をご紹介します。

バッテリー充電器・テスターの用途は?

急なバッテリー上がり、「えっ?スモールライト点けっぱなしだったかな?ルームライト?」と焦った経験はありませんか?車は、走りながら電力をバッテリーに蓄えていくので、エンジンを切っている状態で長時間電装品を使ったり、長期間車のエンジンをかけなかったりしたときは、要注意です。

そんなとき、「あー、バッテリー交換をしなければ….。」とあきらめる前にバッテリーテスターでバッテリーの状況を確認してみましょう。状況によっては、交換せずに充電器での充電で事足りるかもしれません。新品へ交換しなくてよく、交換だけであれば、コスト面でも助かり、エコで環境にもよいですよね。

バッテリーの寿命は?

バッテリーの寿命は?車の走行状況や頻度にもよりますが、一般的に2~3年と言われています。目安は、2~3年なのですが、もっと使用できるのではないか?とも言われています。急に上がることへの心配、早めの交換、ライトの点けっぱなしなどの不注意で2~3年の寿命となっているのでしょう。時々のバッテリーテスターでのメンテナンスと注意で寿命を延ばしてあげることができるかもしれませんよね。

バッテリーテスターの選び方

バッテリーテスターにあるとベストな機能

充電もできる

バッテリーテスターでテストして、そのまま充電する。テスターと充電器一台で2役こなしてくれる機器もありますので、一台にまとめたい方は、バッテリーテスター・充電器を選ぶとよいでしょう。軽量でコンパクト設計のもの、テスターと同様、電流、電圧、容量を一度に確認できるものがおすすめです。

デジタル表示

バッテリーテスターは、暗い場所、狭い場所でも使用することが多いので、細かい目盛のアナログ式より、デジタル式の方がひと目で確認できて見やすいでしょう。バックライトがついているものであれば、より見やすくおすすめです。

接続方法が充実

バッテリーとバッテリーテスター接続する方法は、色々ありますが、3種類程度の接続があれば、便利でしょう。アクセサリープラグ接続、クリップ接続、丸型端子接続。付属品として各種の接続コードがついているものがおすすめです。

気になる価格

安いものなら、バッテリーテスターで1,500円~3,000円程度、バッテリーテスター・充電器で5000円~といった価格です。重視する機能と価格を比較して購入しましょう。

信頼のできるお店やネットショップで購入!

自動車整備工場、ガソリンスタンドなどの業者様は、バッテリー充電器・テスターを使用する頻度が高いでしょう。価格だけを重視して購入したものの、後々使い勝手や機能に不満がでてくれば本末転倒です。納得のいく機能、納得のいく価格で信頼できるお店やネットショップで購入しましょう。購入前に気軽に問い合わせや説明をしてくれるお店がおすすめです。

カーライフをお手伝いします

いかがでしたか?バッテリーを新品に交換すれば、安心で爽快な走りが楽しめるかもしれませんが、バッテリーの状態をバッテリーテスターで定期的にチェックして充電してあげることでバッテリーを大事に使うことになりエコにもつながります。

ヨロストでは、機能も価格も満足いただけるバッテリーテスター・充電器をご用意しております。今から購入や買い替えを考えられている業者様や車が趣味の方は、まずは、ヨロストにお立ちよりください。皆様のカーライフをお手伝いします。

ヨロストが厳選したオススメのバッテリーテスターはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年2月1日  by Goodjobプレス

関連する記事