このエントリーをはてなブックマークに追加

パーツボックスを買う時におさえておきたい3つのこと

自動車やバイクをメンテナンスしていると、パーツボックスは必要不可欠な収納用品です。一見地味なものに見えるパーツボックスも、細かいたくさんの部品を保管するものとして、とっても活躍してくれます!

でも、たくさん種類があるから、どれを選んだら良いのか分からない!そんなときありますよね・・・。

そこで、今回はヨロストがパーツボックスを選ぶときの参考になれば!ということで、選び方のコツをまとめてみました。これからパーツボックスを買おうと考えている方も、パーツボックスを買い替えたいと考えている方も、この3つのポイントを参考にしてみてはいかがでしょう?

その1.パーツボックスの容量

収納用品を選ぶときに「どれだけ入るか」というのは欠かせないポイントです!今あなたが作業するのに、どれだけのパーツが必要なのかを良く考えてパーツボックスを選ぶと良いでしょう。

例えば、作業に使うものがネジ2種類だけ、といった場合には仕切り板のパーツボックスがあれば十分な量が入ります。逆に、使うパーツの種類が多い場合は、連結パーツボックスなど拡張性の高いタイプを検討してみるのも良いですね!

その2.パーツボックスを使うシチュエーション

例えば、メンテナンスをするにも自動車とバイクではそのシチュエーションは大きく変わります。自動車なら車体の下に潜り込んだ作業もあると考えた場合、大きいパーツボックスでなくて平たいタイプのバーツボックスを使った方が作業効率も上がるはずです。

あなたの作業スタイルをイメージして、一番使いやすいパーツボックスを選びましょう!

その3.携帯性

あなたが作業を行う場所はどこでしょうか?もし、自分の作業場だけでなく、どこか違う場所で作業を行うことが多い場合、持ち運びできるパーツボックスが必須です!取っ手がついて、なおかつ機動性に優れたものを選ぶことで、いろんな場所に持ち運べる可能性も広がります。

もちろん、ひとつの場所で作業を行う場合は、移動させる必要のないパーツボックスでも十分に利用できますよ!

おわりに

いかがでしたか?今回は3つの視点でパーツボックスを選ぶポイントについて考えてみました。すでにパーツボックスをお持ちの方も、今よりもっと使い勝手の良いパーツボックスがあるかもしれません。

ヨロストはどんなご要望にもお応えできる幅広いラインナップでパーツボックスをご用意しています!ぜひ、あなたのスタイルに合わせてお気に入りの一品を探してみてくださいね。

ヨロストがオススメするパーツボックスはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年11月1日  by Goodjobプレス

関連する記事