このエントリーをはてなブックマークに追加

小っちぇーのに、何てパワーだ!!

超軽量!12.7角エアインパクトレンチ

153138_sub1_l

コンパクトでスリム!しかし、こいつはかなりの

チビマッチョなんだぜぇ!!

乗用車のタイヤ交換などによく使われるインパクトレンチ

(サイズ感は写真で見ると分っていただけますか?)

なんでもコンパクトに

液晶テレビもだんだん薄くなり、携帯電話も薄くコンパクトに

電化製品のほとんどが小さく・軽く・コンパクトに進化してきたように

仕事で使う道具も、軽くて丈夫で多機能・・・などなど、進化し続けております

人の感覚

個人的に工具にこだわる人→ブランド志向?品質重視?

安さにこだわる人→価格のみ?早急に?とりあえず使えたら・・?

人それぞれですが、買い物する時に人は、期待や諦め(妥協?)などに対して

買ったものが思った以上!と感じたら、すっごく得した気持ちになりますよね?

ヨロスト 超軽量12.7角インパクトレンチもそういう商品の一つです

小さくても大きい!

ボディーは小さくコンパクトですが

  • ツインハンマー仕様
  • 最大トルク 610Nm
  • 無不可回転 11000rpm
  • 台湾製

中身は同等商品のものと比べても引けをとりません!

何より、重量1.4kgなので軽い!というのが”売り”でしょうか?

軽いと、連続作業でも疲れにくい

コンパクトなので収納しやすく、持って移動しやすいなど

メリットが多く、女性の作業者でも使いやすいと思います!

 裏情報?!

台湾製のエアーツールは日本の大手メーカーの商品も作られており

もともと日本で作っていたものを台湾でスライドして作った経緯があるので

品質そのまま反映されている商品が多いのが特徴です

中国産のエアーツールも以前よりは品質向上してきていますが

見た目が同じでも中身が違う、そんな商品も日本に入ってきているのが現状です

稼動モノ(エアーツール・電気製品など)は安いコストで生産するのが前提なので

部品を安いものを使う場合が多いように思います

安い部品は耐久性が無いのは勿論、精度に欠けるものが多いので

正確性や作動性、衝撃などにも弱いものが多いように感じます

価格も合わせて考えたら☆★◎!!

購入希望の際には、ぜひ考えてみてください!

ヨロスト 超軽量12.7角インパクトレンチ ページはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年7月5日  by yorostore

関連する記事