このエントリーをはてなブックマークに追加

エアーカプラーの種類と選び方

エアーカプラー(ジョイント、継手)には、形状・サイズとも色々な種類があります。

エアーツールを購入しようと勉強中の方は、そもそもエアーカプラーはどこのパーツなのか、何を購入したら良いのか、分からないことが多いはず。

そこで!今回は、エアーカプラーとはどんなものは、またその選び方についてご紹介します。

ヨロストでエアーカプラーを購入するならこちら!

エアーカプラーとは

エアーツールは、エアーコンプレッサーという空気を作り出す機器に取り付けて、空気のパワーで締め付け、穴あけなどの作業をこなします。

空気は、エアーコンプレッサーからエアーホースを通ってエアーツールへと向かいます。つまり、エアーツールとエアーホースを繋ぐ器具が、エアーカプラーです!エアーカプラーは、そんな機能を表して継手と呼ばれることもあります。

エアーカプラーの選び方

エアーツールとエアーホースの形状はバラバラです。

型が合わなければエアーツールの能力を最大限に発揮することができないどころか、はめることもできません。それぞれの適正なエアーカプラーを選ぶことが大切です。

形状の種類とサイズ

エアーカプラーのエアーツール側とエアーホース側とサイズに分けて説明します。
エアーツール側の口の形状….ソケット(SOCKET)とプラグ(PLUG)という種類があります。アルファベットを取って、S、Pと表現されます。

エアーホース側の口の形状

  • H(ホース)
  • M(オネジ)
  • N(ウレタン用ホース)
  • F(メネジ)

サイズ

  • 1/2(12.7mm)
  • 3/8(9.525mm)
  • 1/4(6.35mm)
  • 1/8(3.175mm)

購入する際には

購入するときは、エアーカプラーのエアーツール側の口の形状とエアーホース側の口の形状が、今お持ちの(または購入しようとしている)エアーツールとエアーホースに合うかどうかを確認して選びましょう。

心配な方は、お店の方に尋ねるのもいいでしょう。ネットショップで購入予定の場合は、合うものをよく確認して購入するか、信頼できるネットショップであれば、問い合わせて直接相談してみるのもいいでしょう。

おわりに

いかがでしたか?
今回はエアーカプラーについてご紹介してきました。ジョイント用の部品は交換の機会が多い消耗品です。価格もお手頃なので、予備の部品を準備しておきましょう!

ヨロストでは、エアーカプラーを各種取りそろえております。部品は本体を選ぶより慎重になることもありますよね・・・ヨロストはそんな方のために、万全の態勢でサポートします!ぜひお気軽にお問い合わせ、ご相談くださいませ!!

ヨロストでエアーカプラーを購入するならこちら!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年10月1日  by Goodjobプレス

関連する記事