このエントリーをはてなブックマークに追加

エアーコンプレッサーの選び方

エアーコンプレッサーは、タイヤへ空気を注入するときやエアダスターなどでホコリを清掃するときに使います!

ほかにも、エアーツールを接続すれば、締付けや穴あけなど多くの用途に使えます。

エアーコンプレッサーは、高パワーと万能ですがちょっと高価なもの・・・。
購入する前にいろんなエアーコンプレッサーを見て、性能や価格を比較して選びましょう!
でも「具体的にどんなところを見てエアーコンプレッサーを選べば良いのか分からない」という方に、エアーコンプレッサーの選び方をご紹介します!

エアーコンプレッサーの仕組みはどうなっているの?

エアーコンプレッサーは、モーターの力で空気を圧縮し、ためて、排出するという仕組みを持っています!(自転車の空気入れのイメージです。)

エアーコンプレッサーは、タイヤのボルトを締付けるくらいパワーがあるので、モーターも強力なものです。

豊富な使いみち

例えば、エアーコンプレッサーは、海水浴場でその性能をフルに発揮しています!

ゴムボートをレンタルするお店で、すごい馬力のエアーコンプレッサーでボートに空気を入れていたり・・・
エアーツールに接続すれば、ホコリの清掃、締付けや穴あけ、ボルトやナットの取り付け・取り外し、研磨など、空気入れ以外の用途で使われます。

かゆいところまで手が届く、それがエアーコンプレッサーなのです!

エアーコンプレッサーの種類と選び方

小型のミニコンプレッサー

「ちょっと小さいエアーコンプレッサーが欲しい!」
そんなあなたのために、5.5kg程度の軽量でコンパクトなタイプが販売されています。軽量でコンパクトというと、馬力が心配ですが、パワーは充分!
キャスター付なら、移動もラクラクです。一般家庭用のエアーコンプレッサーの場合は、電圧は100ボルトのものを選ぶとよいでしょう。一家に一台。これはおすすめ!

ベルト式エアーコンプレッサー

「丈夫でタフなエアーコンプレッサーが欲しい!」
そんなあなたには、エアーを圧縮するポンプ部分がベルト式になっているエアーコンプレッサーを選ぶと良いでしょう。ベルト式の特徴は、騒音が少ない、故障が少なく耐久性に優れているというところです。ベルト式のおすすめポイントですね!

オイルレスコンプレッサー

「エアーコンプレッサーってオイル交換が必要なんでしょ?めんどい・・・」
そんなあなたは、オイルレスコンプレッサーを選ぶことをオススメします!
面倒なオイルの注入やオイル交換の必要がなく、オイルの購入コストがかかりません。エアーツールに使用できるタンク付のものもありますが、エアーブラシ、エアータッカー、ボールの空気入れ、タイヤの空気入れだけができるタンクなしのコンパクトでお手軽簡易的、価格もお手ごろなオイルレスミニコンプレッサーもありますよ。

作業効率を高めるエアーコンプレッサー

エアーコンプレッサーの種類は他にもありますが、エアーコンプレッサーの選び方としては、家庭用であればエアーツールも使用できるコンパクトで充分な馬力のもの、業務用であれば、幅広く使用できてランニングコストのかからないものがオススメ!

ヨロストのエアーコンプレッサーは、オリジナルブランド品として自信を持ってオススメできます。一般の方にも、業者の方にもプロフェッショナルな作業効率を提供します!ぜひ、お立ち寄りください!!

ヨロストが厳選したオススメのエアーコンプレッサーはこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年10月1日  by Goodjobプレス

関連する記事